先生通信

嗚呼 卒業生
去る2月22日、33期卒業生の会合に出た。
人生の充実した時期を迎えられている皆さんに接し、有意義な一時を過した。私は担任をしたことがなく、参加者の顔名前は5分の1ぐらいしか判らなかった。型通りの挨拶が済み、立食テーブルでの歓談になると、そこここで話が沸騰する。
文化祭での押山君の演劇の話題、「熱海殺人事件」、社会科階段教室の俄作りの舞台で強烈なライトを浴びて熱演していた君たちがいた。後夜祭はなぜかいつも苦労した。
昼休みの屋上でグループ対立が硬化したが、教員が来たので、善福寺池近くの人通りの少ない路上に移動。あわや乱闘かというとき、S君が飛び出し、一言で和解成立。20人の若者が午後の授業に向かって走った。
クラブの話題は楽しい。危ない話が付きまとう。喧嘩、喫煙、飲酒などだ。部室は汗のすえた体育着の山。煙は消えるが臭いは残る。青春のゴミ溜め、伝説の宝庫という訳だ。
若鮎は成魚となって戻る。教員は先に生まれたから先に逝く。道理だ。
主賓の宇津木先生の穏やかなお話と、卒業生であり現職教員である小林邦久先生の挨拶で会は終わった。

「読書感想・最新版」
 米国人ジョン・ダワー『忘却のしかた、記憶のしかた』外岡訳・岩波書店2013年8月刊と、2冊目同じ著者が20世紀末にまとめた『敗北を抱きしめて』三浦・高杉訳、岩波書店である。
前者は『戦後50年を機に日本とアメリカは、アジア太平洋戦争の記憶をどう呼びおこし、何を忘却してきたのか』という点から綴られた歴史学者の論文集である。後者は戦後の日本を懐かしい、悲しい、写真や挿絵、漫画、手記、短歌、川柳、かるたなどで移ろいゆく世相と人の心をとらえたもの、その上内容はとても堅い。両書は、自分史の大切な部分と重なっている。広範に亘って事実や論点が提示されている。もう一度文献に当ってじっくりと当時を辿ってみよう。人はみな時代の子だ。そんな気持ちがした。

コメント (0)

                         近  況
                                              元社会科 武部 尚人

 10月中旬、早朝一番の電車で奥多摩の高水三山(たかみずさんざん)に登った。軍畑(いくさばた)の
駅で下車の際、ホームとの間に左足がストンと落ちた。慌てたが直ぐに立ち上がって事なきを得た。
気づくと下車したのは自分一人、加えて無人の駅である。改札を出てからズボンをまくり、ケガの程
度を確認した。ヒザの下に手の平位の傷が幾つかと、左手の指の外側に負傷出血がある。常備の
マーキュロと絆創膏を取り出し処置をしてからハテと考えた。出端を挫かれて縁起でもないから中止
するか…と。が、出血はすぐ止まり痛みも左程ではないので、無理をせず慎重に行ける処まで行こ
うと決めた。
 登山口に入ると熊の目撃情報有りの貼り紙がある。二度あることは三度ある。あとひとつ何かあ
るナと思いつつ、一層用心をして登っていった。高水三山には以前一度、やはり一人で登ったこと
がある。小雨模様で展望は全くなく、下山路が急勾配だったことと、下山後の御嶽(みたけ)・玉川
屋のそばが旨かったことしか憶えていない。今回は岩茸石(いわたけいし)山の山頂で北面の眺望
がひらけ、棒ノ折(ぼうのおれ)山、川苔(かわのり)山、本仁田(ほにた)山が間近に大きく見られ、そ
こでおにぎりを食し休憩した。
 ところが、その後急坂が続くうちに突然右モモの裏の筋肉がツって痛みが走った。(ウッ、三つめ
が来た)と思いつつ筋を伸ばし、何とか痛みをやわらげたが、その後も何度か再発を繰り返し、つ
いには左足の方までツったのには困った。少し時間をとって治し、急がずに再発せぬように山を
下りた。
 帰宅後改めて振り返ると、前回のは三十年も前のことである。十年ひと昔というなら、大分昔と
いうことになる。体力もその間思った以上に衰えて来ているのだと思ったことだ。変化したのは自
分の体力だけではない。世の中も随分と変わった。学校も社会も、この国だけでなく世界も、特に
この二十年程で激変しつつある。現に今進行中である。たしか漱石が「このままゆけば、どこに
連れていかれるか分からない」と『文明の進歩』について警戒の念を表していたと思うが…。
そもそも世の中にとって、一体何が大切で何が大切でないのか…何が必要で何が必要ないのか。
その辺のところを忘れずに考えていないと、と日々思って居るところです。

コメント (0)

雪つもる柳生街道
~1983年度・中学修学旅行の思い出~       山上英男
 
    ◆ グループで徒歩の旅
 委員から現役時代の思い出を2ヶ月に1回ぐらい書いてほしいと求められた。
「先日のホームカミングデーに出られた先生にお願いしている」という。
 43年も勤めたのだから思い出はたくさんある。 しかし、書くとなるとやっ
かいだ。今後のことは分からないが、今回についてはとりあえず応えたい。

 ところで、この同窓会通信は12月に発信されるらしい。
 それで「12月といえば・・・」と、すぐ思い浮かんだのが、1983年の
12月に実施された中学修学旅行のことであった。その一端を書こう。

 当時、中学は1学年2クラスで、矢口五郎先生と3年間をいっしょに組んで
きたが、この学年から、修学旅行は、その時期と形態をかえた。
 それまで10月に<奈良飛鳥>と<京都>を学年全員が2台のバスで巡って
いたが、それを<奈良飛鳥>に限定し、グループ別に徒歩で見学地をめぐると
いうやり方に変え、12月の実施、としたのである。

 法隆寺などの「斑鳩」と唐招提寺などの「西の京」を共通コースにし、あと
は<山辺の道>とか<佐保路>など古代の道をたどるコースや、<飛鳥の石造
物>を見てまわるコースなど、6、7のコースをつくり、それぞれ十数人のグ
ループに教員一人が付き添って歩くというかたちにしたのだ。 
 はじめは「俺たちのときから、何でこんな厄介な旅行になるんだ!」という
声もあがったが取りくむうちに熱心になった。
 私が担当したコースは<柳生街道>であった。

    ◆ 画家夫妻もいっしょに
 旅行の初日に当たる12月17日は、ちょうど春日若宮のおん祭りの日で、
宿舎にしたホテル前の道はたいへんな人出であった。
 そこを生徒たちと歩いていたら、人混みの中から私の名前が呼ばれた。みれ
ば画家の島田興司さんで、夫人が一緒だった。
 彼は、互いが吉祥寺で暮らしていた頃からの友人で、奈良の人と所帯を持っ
てから、こちらに移り住んでいたのである。思いがけない出会いだった。
 
 短い立ち話だったが、いま修学旅行で来ていて、宿舎はそこだとホテルを指
し、柳生街道を歩くことなども話して別れた。
 その島田さんが、夜、宿に訪ねてきて「石仏を見て歩きたいので同道させて
もらえないか」と言ってきた。検討の結果、許可がでた。
 奈良に住んでいても、これまでここを歩く機会がなかったのだそうだ。
 
 柳生街道は、奈良から柳生家1万石の里までの道であるが、私たちはその途
中の円成寺(えんじょうじ)という古刹までを歩く計画だったのである。
 そこは滝坂道とよばれ、原始林が覆う谷道で、その道脇には多くの磨崖仏な
どが散在し、それをみつけながら古道を体験しようというのだった。

 街道を歩く日、スケッチブックを持った島田さんと夫人は山歩きの支度をし
て早朝のロビーで待っていた。私たちは、思いがけなくもそんな芸術家夫婦を
加えたグループをつくって、それらの石仏を探すことになったのである。
 新薬師寺を右にした上り口から、私たちは滝坂道を登って行った。
 
    ◆ 地獄谷の雪
 荒木又右衛門だか宮本武蔵だかが斬ったという伝説が残る「首切り地蔵」の
もとで休憩した時、誰だったか、その話を面白がって、地蔵を木の枝で斬るま
ねをした。その時これも誰かが、まさに間髪をいれず「罰が当たるぞ!」と脅
かしたので、みんなびっくりして、思わず笑った。
 こんな光景が妙にほのぼのと思い出されて懐かしい。

 やがて地獄谷と呼ばれる辺りまで行くと、数日前に降った雪が足元を埋める
ほどに積もっていて、みなの足はびしょびしょになって、難儀した。
 この谷は、鎌倉時代に東大寺再興のための石材を採掘した所だそうで、後に
ここは無縁の人の死体捨て場になっていたという。
 この石畳の道は、石材を運び降ろした道だけではなく、悲しみの道でもあっ
たのだろう。欣求浄土を願ってそこに沢山の仏が刻まれたのがわかる。

 そんな感傷や冷たくぬれた足などにはお構いなしに、生徒たちは雪玉を投げ
つけあったりし、その元気は盛んなものであった。
 そして、寝仏だの、朝日観音だの、夕日観音などという石仏を、隠れた岩陰
などから見つけ出してはノートに記録していった。
 画家も、雪をかぶった石地蔵を手早く写生したりした。

    ◆ 本堂で尺八を聴く
 山の斜面にそびえるように建つ楼門が印象深い円成寺に着いた。
 苦労して辿りついた目的地という思いがあるから、着いた時には「やったー」
という声もあがったが、「やれやれ」と思った生徒もいたろう。

 本堂にあがらせてもらった。
 そこは板敷きで、私たちの濡れた足跡がペタペタとついた。案内のお坊さん
はそんなのはまったく気にしていないようだった。
 大きな阿弥陀如来像がデンとすえられた本堂は質素で凛としていた。
 像の裏側には、柳生一族の位牌がたくさん並べられてあった。生徒のなかに
は剣豪の柳生十兵衛や柳生新陰流にくわしい者もいた。

 お坊さんの案内が終わると、島田さんは寺の許しを得て、肩にかけていた袋
から尺八をとりだした。仏に曲を奉納しようというのであった。
 奉納演奏というのだそうだ。虚無僧が経の代わりに音を捧げるアレである。
 島田さんは趣味の尺八も得意で、これまでも寺めぐりの際には演奏をしてき
ているので、なかなか堂に入っていた。
 如来像の前に正座し吹きはじめた。生徒たちはポカーンとしていた。

 祈りの旋律である。
 深くやわらかい音色が、しみじみと心に染み入った。
 知識だけの古寺見学ではなく、ある宗教的な感動をともなった体験になった。
 
 暮れはじめた山の冷たい空気をまとった円成寺の山門をあとに、奈良市内に
もどる路線バスに拾ってもらって、この日の旅を終えた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 1983年度・中学修学旅行の記録をまとめた冊子を探したのだが見つけら
れなかった。
 これをキッカケに、あの時のそれぞれの思い出を寄せてくれたらありがたい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント (0)

PAGETOP