クラブ情報

5月21日〈日)、場所は東村山高校、対戦相手は東京朝鮮高校。試合が始まる前から騒然とした雰囲気に包まれていました。2回戦の試合とは思えない緊張感が漂っていたのです。 
 春季・関東大会予選で5回戦まで勝ち上がった東京朝鮮高校との試合のせいでしょう。 
 待合場所で岩村同窓会長と私に席を譲ってくれた朝鮮高校の保護者会の皆さんに、先週の勝利の祝意をお伝えし、今日はお互いに精一杯の応援をしましょうと挨拶しました。
 母校の応援団は4人の顧問・コーチを筆頭に現役の保護者会の皆さん、昨年度のメンバーと保護者会の皆さん、その他、級友の皆さんが、競技会場前の待合コーナーに集まって熱気に満ちた雰囲気でした。
 ようやく入場し席に付きましたが、試合開始直前の雰囲気も緊張感が張り詰めて、騒めきも消えて静かでした。このような雰囲気を創り上げたのは両チームのサポーターと選手たちでしょう。昨年度の皆さんが、4回戦を始める前に垣間見せてくれた、緊張感あふれる「試合のスタート風景」だったのです。
 試合は予想通りの激しい戦いとなリ最後まで死闘と言える様相を呈しました。5年生(高校2年生)が主力の我が母校でしたが、大場キャプテンが先頭に立ち、5年生はあたかも6年生のような貫録を示し、落ち着き払って、それぞれが自分の仕事をやり遂げていたのが印象的でした。特に得点板の写真にありますが、そこから残り1分50秒の間に相手校には1シュートを許しながらも、4つのシュートで8得点をあげた最終盤の粘りには驚かされました。
 91対102の敗戦結果を聞いたOBが「ノウガードの殴り合いみたいなスコアーですね」、「来年度が期待できますね」と早速第一報を寄せて来ましたが、40分の間、両チームの選手達は休むことを忘れたかのように走り廻ってボールを運んでいました。1回戦シード、2回戦の初戦敗退となりましたが、試合の内容は見事でした。
 第2コーターで肩を並べそうになった時、隣席で観戦されていたい岩村同窓会会長がぽつりと一言「勝てるのではないかな」と感心していました。力及ばず敗退となりましたが、爽やかな顔つきで先輩OBと試合終了後の記念撮影に、思い思いのガッツポーズを演出する姿を見て、その逞しい精神面での成長ぶりに心を揺さぶられました。
 この3月に「一心全力」の横断幕をOB会から寄贈しましたが、「心を一つにして培った力の全てを出し切ってくれた」現役の皆さんを誇りに思います。そして後輩の大切な一戦に駆けつけてきてくれた昨年の卒業生達を見て、これこそがOB会の真髄と感じました。その先輩たちに現役の皆さんは立派な成長ぶりを披露しました。このような世代をつないで頑張る姿を見て、母校バスケットボール部の伝統づくりが静かに、着実に、進められていると感じました。
 また新しい1年が始まります。きっと現役の皆さんは頑張ってくれるでしょう。毎年増加の一途を遂げている卒業生(OB)の気持ちがこのように、示されてゆけば、やがて大きな果実が生まれるでしょう。どうかOBの皆さん、今年もOB会総会や交流戦にご出席いただき、若手OBや現役選手の成長振りに接する機会を持ってください。そして益々充実した応援体制を創り上げて行きましょう。OB一人一人の気持ちこそが母校バスケットボール部の将来を決めると確信します。OB会復活8年目を迎えた今年の総会で交流試合を楽しみながら新しいOB会の姿をご一緒に模索しましょう。

この観戦記を同窓会のホームページ「部活情報」欄に投稿して下さい。動画の配信はやはり再検討を要するようですので「中止」にしましょう
 尚、小山、小池両グループにもこの観戦記を配信頂きたくお願い申し上げます。そして在学OBの皆さんに、予告して来たボアソナードタワー25Fでの昼食会は中止する旨お伝え下さい。
 間もなく午後10時半になりますが、田中副会長、田辺事務局長のお二人に留守電でお伝は下さるようお願いしていますが明日になると思います。もし11時からの校友談話室の役員会が成立したときには「今年の総会に参加する予定の在学OBに
   1・受付業務の手伝い
   2・懇親昼食会に於いての配膳作業の手伝い
   3・交流試合の運営手伝い
   4・募金活動の手伝い
   5・冷たい飲料水の手伝い
に協力いただきたい旨を連絡し、手伝い可能な在学OBに校友談話室にかをを出してほしい旨、連絡しましょう。林君は土曜日は登校日でないため集積が難しいとの連絡を受けていますがほかの在学OBにOB会執行部としてお願いを、この際はっきりとお伝へしておいたほうが良いと思います。
バスケットボール部OB会     会長 赤沼啓二郎

コメント (0)

10月23日(日)、9:00から、都立片倉高校にて平成28年新人戦がありました。
対戦高校の八王子実践高校に対し、
59対73 で残念ながら敗退しました。

 2年生主体の対戦高校に対し、1(4)年生主体の我が校は、8月末の武蔵野カップ
3位の実力を発揮。
第4クォーターまで離されず付いていくも、最後は力及ばずの敗戦となりました。

 当日は、OB会から赤沼会長、田中副会長、同窓会からは岩村会長斎藤副会長、佐藤
元副会長が応援観戦。父兄の方々と共に最前列に陣取って応援しましたが、力及びま
せんでした。

 8月末の武蔵野カップの応援に引き続いて、今大会への応援、ありがとうございま
した。1(4)年生主体の我が校のチームには、この大会での経験を生かし、来年の春
の大会では、いっそうの躍進を期待したいと思います。

コメント (0)

 大会が終了しました。応援賜りました皆様に厚く御礼申し上げます。

 現役の選手諸君がは善戦しました。戦績は次の通りです。

          対抗相手          得点

 1回戦    都・荒川商業        158対45    勝利

 2回戦    聖パウロ学園         97対24    勝利

 3回戦 都・桜修館中等        84対47    勝利

 4回戦    都・東大和南        54対77    敗退

 都・東大和南高校は続く都小岩高校戦を84対51で勝利し、ベスト8決定戦に進出しましたが今大会の第5位になった成立学園に94対69で敗退しました。、

 優勝は八王子学園八王子高校で84対66で勝利し、敗れた実践学園が準優勝校となりました。

今大会出場校323校から上記の3校と保善、国学院久我山、日本大豊山、東洋大京北、

都・小平南、合計8校が6月4・5日に埼玉県深谷市・本庄市で開催される第70回関東高等学校男子バスケットボール選手権大会に出場します。

 我が母校バスケ部は優勝校の八王子学園八王子と比べると一回り小粒なチームです。しかし、両チームの主力選手9番・7番を中心に良くまとまったゲーム展開はよく似ています。ベスト8に挑戦した経験がないことで、実力を出し切れずに終わったと感じています。

 いよいよ5月22日(日)から夏季・全国大会(インターハイ)が始まります。初戦は創価高校に決まりましたが、会場・開始時間は未定です。近日中にご連絡致しますがインターネット(ヤフー,グーグル)で検索「バスケ東京男子専門部」を入力いただければ確認できます。時間の許される方はぜひ応援ににご参加ください。

宜しくお願い申し上げます

コメント (0)

新人戦の応援ありがとうございました。
第2戦は10月25日(日)に都立杉並総合航行に109対51で勝ち
第3戦は11月 1日(日)に都立杉並高校と対戦102対65で勝ち
第4戦は11月3日(祝日)に桐朋高校と対戦し70対」94で負けました。

 桐朋高校は10月25日に行われた2回戦で106点を、11月3日の3回戦で108点を挙げ、わが母校と並んで100点越えの試合で勝ち上がってきたチームです。この試合に勝ち、あと2勝すれば新人戦第2支部の決勝戦進出が実現できました。その結果敗れても東京都のベストエイトに残り、1月に行われる新人戦「本大会」の出場資格を取得できたのです。来春、6回戦まで勝ちあがれば関東大会の東京代表校になれます。もう一息ですので、どうか今回の新人戦同様に応援宜しくお願い申し上げます。
 高校女子は都立戸山高校に善戦しましたが敗れました。OG会の設立を期待しています。

コメント (0)

男子バスケットボール部
男子新人戦第2支部大会
10/25(日)第2回戦は都立杉並総合高校に109対51で勝利しました
第3回戦
場所:都立三鷹中等
日時:11/1(日)12時
対戦相手:都立杉並高校

第4回戦
場所:都立小金井北高校
日時:11/3(火)12時
対戦相手:未定

女子バスケットボール部
高校女子新人大会Aブロック
第1回戦
場所:都光丘
日時:11/3(火)9時
対戦相手:都戸山

第2回戦
場所:都保谷
日時:11/15(日)13時30分
対戦相手:中大杉並と都狛江の勝者

第3回戦
場所:都板橋
日時:11/22(日)15時
対戦相手:未定

コメント (0)

 3年生が全国大会(インターハイ東京都予選)を終え、1.2年生による新体制が発足しました。新チームの初陣となった今回の武蔵野カップは準公式戦ですが、10月から始まる公式戦(新人戦)の動向を窺がう大切な前哨戦です。
 試合開始前のサポーター席では、いきなり一昨年の優勝校、明大明治と対戦することに話題が集まりました。相手校はホームグランドであり、100人を超える部員数から選ばれた選手達で、強敵であることから、初戦が決勝戦の様相だと話し合っていました。
 試合が始まると順調に5対ゼロとリードしました。途中で追いつかれそうな局面もありました、始終先手を取り、徐々に点差を広げて終わってみれば70点超える得点を挙げ、相手校に30点以上の差をつけての勝利でした。
 勝因は顧問の指導力と現役選手の目標に向かっての沈着にして、強力なファイティングスピリットだと感じました。個々の選手はドリブル、ミドルショット、リバウンドの確保、パス回しなどに個性的で高いテクニックを持っており、チームプレーが良く出来ていて、個々の力が十分に発揮されていました。最初から最後まで少しも気を緩めることなく、平常心を持ち続けて戦い切った試合でした。この姿勢(静かな闘志)は4試合全てで少しも変化することなく持ち続けていたのは、顧問の指導の下、選手諸君が強い絆で結ばれている結果であると感じました。
 第2戦の都三鷹高校戦は主力選手を途中からベンチに下げての戦いでしたが93対39と圧勝し、選手層の厚みを感じました。最後の5分間に主力選手を投入し、最後まで真剣勝負を続けて100点突破のゲームを達成して欲しいと思いました。(欲張りすぎですが)
 第3戦の準決勝戦は、成蹊高校との試合は第3コーターで、追いつかれ、主力のポイントゲッターが5反則退場となり緊張しました。しかし一歩も引かず徐々に点差を広げて終わってみれば、70得点越えし、10点以上の差をつけての勝利でした。最後までペースを落とさず走りきった試合でした。
 第4戦の決勝戦は、昨年の優勝校、小金井北高が相手でした。ドリブルの上手な2人ガードがゲームづくりを上手に行っていました。しかしドリブルでは更に上を行く力を発揮すると同時に、相手の果敢な攻めを執拗にガードし続けたため、相手は攻め倦み、徐々に動きが止まってきました。それでもさすがに強敵で第3コーターで逆転を許しました。しかしまったく、動揺することなく自分達のバスケットを確実にプレイし、すぐに逆転すると、少しづつ点差を広げました。かなり接戦が続きましたが第4コーターの後半には10点差を超える優位に立ち危なげなく勝ちました。途中ハーフラインから1対1の走りあいに、強いガードを退けながら左手のシュートを決めたときのシーンは教科書のビデオを見せてもらっているようでした。

 このような力が発揮できるのはやはり自分を取り巻いているチームメイトが相当の力を持っていて、激しい練習の中で培うことが出来た本当の実力だと思います。
 優勝を決めて応援席へ挨拶に来た選手たちの顔つきは緊張感に溢れた見事なものでした。このようなチームには「勝って兜の緒を締めよ」とか「慢心は命とり」などの言葉はまったく必要ないでしょう。
 優勝を決めた夜に私のフェースブックに2つの投稿がありました。1通は既に引退が決まっている3年生のもので「後輩の快挙を誇りに思います」というもので、他の1通は現役の選手からのもので「優勝させて頂きありがとうございました」というものでした。
優勝直後に体育館のロビーで取った集合写真が添付されていましたが、優勝を決めた夜疲れた時に作成したこの投稿文は一人の選手の気持ちですが、このたびの4試合を観戦して、この気持ちは全ての現役選手が共有している様に思えます。
 この投稿に即刻、卒業生M君の「いいね」が送られて来て、更に次々と「いいね」が続きました。これを見てこのチームが作り上げた「絆」は本物だと思いました。
 現役選手の投稿は最後まで応援に精を出された保護者の皆さんに対する敬意を表するとともに、OB会の総会で聞いた同窓会会長、大学バスケの助監督(法政二高バスケOB会会長)をはじめとする来賓各位の励ましの言葉、そして交流試合でともに楽しんだ先輩OBに対する感謝の気持ちを表しているように私には思へ他のです。
 厳しい練習の量や、これによって身に着けた数多くのテクニックも、以上の気持が根本になければ開花するとは思へません。投稿した現役選手と全てのチームメイトがこの認識を共有しており、S顧問の下に結集した2日間だったからこそこの快挙が生まれたと思います。この2通の投稿はこのことを如実に伝えてくれていると感じて紹介しました。
 10月中旬から最初の公式戦である「秋季・新人戦」が始まります。OB会員の皆様に、試合会場へ足をお運び頂き、現役選手が真剣そのもので、試合に100%集中し、ゲームを楽しんでいる姿をご覧頂き、私の観戦記の実態を「100聞は1見に如かず」と体感して戴きたく存じます。

コメント (0)

東京都予選Cブロック 2回戦

5月24日(日) 午後3時
場所(試合会場) 高輪高校 体育館
   都営浅草線・京浜急行線「泉岳寺」駅下車 徒歩2分 又は
   都営三田線・東京メトロ南北線「白金高輪」駅下車 徒歩10分
第5試合  対芝商業高校

http://hsm.tokyobasketball.jp/kekka/2015/15inter/15interCres.pdf

コメント (0)

バスケットボール女子新人戦 Aブロック大会
第2回戦  場所:都立武蔵丘  日時:11/9(日) 15時
対戦相手 都立永山
残念ながら敗れてしました。

コメント (0)

新人戦日程について
日時   10月26日(日) 午後3時開始
場所   都立日野高校体育館
対戦校  日大鶴ヶ丘高校
アクセス 多摩モノレール 万願寺駅より 徒歩10分
   又は京王線高幡不動駅より徒歩20分
※ ご都合がよい方は応援観戦を宜しくお願い申し上げます。

試合結果 61対76で敗れてしまいました。

http://hsm.tokyobasketball.jp/kekka/2014/14sibu/14sibu2res.pdf

コメント (0)

全国高校総体(インターハイ)予選観戦記
    大会の正式名称 東京都高等学校総合体育大会 兼 東京都選手権大会

1回戦
18日(日)男子  対抗相手 都葛飾野高校 72対65で勝ち
       女子  対抗相手 都府中西高校 72対41で勝ち
2回戦
25日(日)男子 13時30分 於:都墨田川高校体育館
対抗相手 都城東高校 150対40で負け
      女子  9時00分 於:都保谷高校体育館
対抗相手 都野津田高校 90対44で負け

共に2回戦敗退となりましたが、日頃の練習の成果を出し切って悔いのない試合を展開したと
感じました。
特に男子は1回戦の後半(第4クォーター)逆転劇と2回戦で東京都べスト8校に名を連ねてい
る強豪によく戦い40得点を挙げたことは大きな成果だと思います。東京代表を目指すには、
このレベルのチームを倒すことが必要であり、この試合の後半では23対64と善戦し、選手諸
君が体感した経験は、今後大いに役立つと確信しています。
この戦いを通して東京代表への道をおぼろげながらイメージ出来たのではないでしょうか。
男子2試合、女子1試合を観戦しましたが、いずれも応援席は満席でした。選手の活躍がサポ
ーターの応援を誘い、サポーターの応援が更に選手の活躍を引き出していました。2・3年前の
応援状況と比べると様変わりしていますが、強豪校の応援は更に際立っていました。多くの困
難を共に戦いながら選手と応援団の双方がその熱意によって試合の内容を盛り上げて来たの
でしょう。しかし我が母校も確実にその路線に乗ってきた感じがします。
今大会の2試合で掴んだ大きな体験は、これまでに経験したことのない、大きな壁に挑戦でき
る力を身につけたと思います。次の試合では、今回体得した心技に、もう一つ新しい実績を積
み上げて、更に大きな障壁に挑む資格を身に付けて下さい。
今回の実績を心から喜び、噛み締めることは大切ですが、この実績に甘んじて、満足したり、
納得したり、慢心したりしては、せっかくの経験が活かされません。現状に満足すれば、衰退へ
の道が始まることは必定です。休みなしに一歩一歩前に進み続けることが、私達人間の宿命
だと覚悟を固めることです。早速、明日から新たなスタートを切って、更に大きな世界を発見し、
来るべき試合に於いて一回り大きくなった心技体を見せて下さい。
OBの皆さん、先生、選手、保護者の皆さんと感激を分かち合いましょう。
8月3日(日)のOB会総会にご参集下さい。
そして秋(10月)に始まる新人戦への応援観戦を宜しくお願い申し上げます。

バスケットボール部OB会  赤沼啓二郎

コメント (0)

1 2
PAGETOP