クラブ情報



コメント (0)

平成26年 秋季東京都高等学校野球大会
準々決勝 10月26日(日)   対早稲田実業
|球場|神宮第二
|プレイボール 12:16
|ゲームセット 14:40

早稲田実業に延長10回ピッチャー小松くんがサヨナラホームランを打ち
6対3でサヨナラ勝ちをしました

次試合 準決勝
11月8日 (土)  神宮球場 10:00~  対東海大菅生

コメント (0)

平成26年 秋季東京都高等学校野球大会
10月19日(日)  対大森学園
球場 江戸川区
|プレイボール|10:00
|ゲームセット|12:13

次試合・4回戦は 10月26日 12:30  神宮第二球場の予定です。

コメント (0)


作品の形は、立花(りっか)
安土桃山時代に考案されたものです。 立花の前身は、神仏への祈りの花形といわれております。 花形には、7つの役枝、9つの役枝で構成されております。
一つ一つの枝に願いを込めて作品を仕上げていくことになります。
「美しい花だけを見て、草木の風靡もよくわからずに、ただ挿しいけているだけではならない 野山水辺、おのづからなる姿を、居上にあらわし、花葉をかざりよろしき面影をもととして・・・」口伝書があります。 口伝書をもとに、花と遊び花を楽しんでおります。

コメント (0)


品紹介:技術的にはマッスというタイプの生け方ですが、物語のイメージを華道で表そうとしました。
夜を表現しようとすると、ともすると暗い色調で単調になるので、思い切って、白とブルーのグラデーションになるように心がけました。
また、ピンクッションが夜空を巡る月のようにも、銀河鉄道で天空を移動していく主人公の二人の軌跡のようにもとれるように表現してみました。
花材:ピンクッション、デルフィニウム、かすみ層・蔦等

コメント (0)


作品紹介:去年、一昨年と共に直線的な作品を生けたので、
今年は柳のカーブを活かしたものを生けました。
赤いバラが目立つようにしました。
花材:バラ・柳

コメント (0)


作品紹介:太陽に向かって両手を伸ばし、太陽の光を受ける様子を表現しました。
植物が日光を吸収することと、人が技術や知識を吸収することは似ています。
積極的に学ぶ姿勢が人に成長をもたらすことが、成長のタイトルの由来です。
花材:サンダーソニア・ バラ・ カスミソウ・アレカヤシ

コメント (0)


作品紹介:レザーファンで可能性を表し、ミツカンサスやデルフィニウムを複雑に絡ませることで、
中学校生活の悩み、楽しさ、そして面白さが伝わるように生けてみました。
花材:ミニバラ、デルフィニウム、ミツカンサス、レザーファン

コメント (0)


作品紹介:この作品は今のような時期、秋が訪れる時期を作品にしました。秋らしいコスモス、
ワレモコウ、また、ユキヤナギの紅葉しているものを使って秋らしさを表現しました。
花材:コスモス、ワレモコウ、ユキヤナギ

コメント (0)


作品紹介:アレカヤシをやしの木に見立て、ひまわりと一緒に生けることで夏っぽさを表
現しました。またお月見も表現するために秋の花、コスモスとお月見のススキを加えました。
さらにリンドウを入れることで夏のお月見らしさを出しました。
花材:ヒマワリ・ススキ・リンドウ・コスモス・アレカヤシ

コメント (0)

1 2 3 4 5 6 7
PAGETOP