クラブ情報

平成26年鈴掛祭 華道部 展示作品 渡辺先生  題名:「品格」

2014.10.15


作品の形は、立花(りっか)
安土桃山時代に考案されたものです。 立花の前身は、神仏への祈りの花形といわれております。 花形には、7つの役枝、9つの役枝で構成されております。
一つ一つの枝に願いを込めて作品を仕上げていくことになります。
「美しい花だけを見て、草木の風靡もよくわからずに、ただ挿しいけているだけではならない 野山水辺、おのづからなる姿を、居上にあらわし、花葉をかざりよろしき面影をもととして・・・」口伝書があります。 口伝書をもとに、花と遊び花を楽しんでおります。

コメント欄

メールアドレスが公開されることはありません。

名前
Email
コメント

PAGETOP