クラブ情報

 去る、8月25、26日の2日間にわたり、明治大学明治高等学校にて恒例の『武蔵野カップ』が開催されました。主力の3年生がチームを離れ、新チームになって迎える初の大会であり、「始めの一歩」の大会です。参加の13チームが1日に2試合を行い、順位を決定する中、結果として我等の母校は両日共に1勝1敗で、7位でした。
 勝った2試合は82対64、80対59と、見事な勝利でした。しかし、敗れた2試合が共に1ゴールの2点差(53対55、70対72)。26日の第一試合は途中、10点以上離されるも最終クウォーターのラストに3ポイントを決めて追い付き、延長戦に持ち込むも、あと一歩届かず惜敗しました。なんとも悔しい結果ではありました。しかし、初日の第一試合から2日目の第二試合まで、4試合を観戦していて、少しづつ選手間で元気な声が出るようになり、ゲームに出ている選手とベンチの控え選手とが纏まって、チームとして一体化していくのを感じました。また、応援に参加されていた保護者の皆さんも、試合がヒートアップしていくにつれて歓声も大きくなり、ゲームに参加、集中して行ったように感じました。
 応援観戦に参加してくれていた、3年生の「まだまだ、課題もいっぱいありますね。」との感想の通り、「始めの一歩」のこれからのチーム。これからどう、課題を克服し、どんなチームに伸びていくのかを楽しみに、これからも応援観戦して行きたいと思います。 

コメント (0)

よく頑張りました‼
現役の選手の皆さんが対京華高校との闘いに勝利し、4回戦を突破して、東京都325校の出場校中のベスト32位に、Aブロック所属80校のベスト8に進出しました。

「一心全力」に集中して培った力の全てを出し切り、「自分創り」「自分達創り」「未開の境地を切り拓く創造力創り」を達成した快挙です。更に5回戦では東京都総体、全国大会の優勝を目指す八王子学園八王子高校と戦い見事な戦いを繰り広げました。高校バスケの頂点を目指したこの戦いに敗れはしましたが、この貴重な経験で全国制覇の道筋を感じ取ることができたのではないでしょうか。「空想の世界」が「想像できる世界」に急接近した驚くべき実績だと思います。 

それにしてもこの試合に次から次へと出場してきた選手の皆さんが示された集中力の見事さには感心しました。特定の選手が実績を上げる試合をよく目にしますが、このように出場した選手達の全てが集中して実力を発揮する試合は珍しく、初めての巡り合いでした。

特に1回戦、2回戦では多く見られる100得点超えの試合を、実力伯仲の京華高校を相手に4回戦で挙げたことは信じられません。
この若さでこのような体験を積んだ皆さんを羨ましく思います。生涯この体験、この成果に、貢献したことを忘れないでください。

選手の皆さんはパナソニック(旧松下電器工業)の創業者、松下幸之助氏の言葉「ブレない人とは信念のために躊躇なく変われる人」 並びに「成功するかどうかは90%が運、残り10%の努力次第で人生が決まる」を実感されたのではないでしょうか。新人戦、春季大会で4回戦の勝利を逸し、この大会に夢を託した相手校京華高校に勝てたのは10%の努力の質で大きく差をつけた結果だと思います。

5回戦は春季・関東大会で優勝し、全国制覇を目指している八王子学園八王子との戦いでした。
両校ともダブルヘッダーでしたが母校の休養時間は2時間で、八王子学園は4時間、試合会場は八王子学園の体育館であり、厳しい環境下での試合でした。 第3クォーターまでに2人の怪我人を出し、全ての主力選手がコートからベンチへ戻る試合となりました。

今季の最終試合でありましたが、集大成を見事に飾った4回戦とは少々異なった経験だったと思いますが、よく考えてみると4回戦以上に貴重な体験を積んだと思います。第4クォーターを善戦した選手の皆さんを含めて、後輩達への貴重なプレゼントを残された試合になったと思います。
本当に大きな感動をありがとう。この素晴らしい1日がご本人達はもちろん、次の時代を背負う後輩の皆さんにも引き継がれ、新天地を切り拓く原動力になると確信します。

皆さんが残された実績は、法政大学高高等学校バスケットボール部の伝統創りに末永く活かされるでしょう。卒業される3年生が、今度はOB会員として更なる伝統づくりに力を発揮して頂けることを楽しみにしています。

同窓会、プラタナス会、父母会、ご家族、サッカー部、級友、東京都325校の中で最強応援軍団=ベンチ入りできなかった選手達の皆さん、「法政勝て、法政勝て」と連呼して、床を駆け回ってくれた幼少の可愛いい女の子、全てのサポーターが強く印象に残りました。
母校が参戦したAブロックの戦跡は下記の通りでした。(A・B・C・Dの4ブロック中、Aに所属し参戦)
                  
尚、6回戦以降の実績は母校と直接関係ありませんが、参考までに今大会の最終結果を紹介します。

法政大学高等学校の今回の対戦歴
1 回戦 ◯昭和第一学園 92対 56 
2 回戦 ◯都立・桜町  88対 53
3 回戦 ◯都立・文京  83対 56
4 回戦 ◯京華    103対 72

(Aブロックのベスト 8決定戦 ) 
5 回戦 ●八王子学園八王子  41対150

(Aブロックのベスト4 決定戦)
6 回戦 八王子 対 保善   116 対 57
( 同 準決勝戦)
7 回戦 八王子 対 日本大第三 134 対 55
( 同 優勝決定戦)

これ以降の実績はA~Dブロックの優勝校、準優勝校の合計8校が、リーグ戦(上位4校)並びに順位決定戦を行った最終結果です。

 
優勝   八王子学園八王子  3勝
準優勝  実践学園 1勝2敗(得失点+12)
第3位  日本学園  1勝2敗(得失点― 1)
第4位  成立学園  1勝2敗(得失点―11)
第5位  足立学園
第6位  国学院久我山    
第7位  東海大菅生     
第8位  日大第三      

6月24日夏季全国大会(インターハイ)の都予選が終了しました。
上位3チームが8月2日~7日まで名古屋市にて行われるインターハイ(Inter-High School championships)に出場します。

尚、母校のホームページ(法政中高コミニュティ欄)に今年度チームのキャプテン塩野房天龍君の書いた「高校バスケットボール部の3年間を振り返って」が掲載されています。是非お読みください。
                     
バスケ部OB会 会長 赤沼 啓二郎

コメント (0)

愈々、法政高校バスケの集大成が問われるインターハイ予選が始まります。今、現役の皆さんにとって最も大切なことは培ってきた力に120%の確信を持つことです。
そして初戦の昭和第一学園の試合から100%その力を出し切ることに集中することです。1%の迷いも許されません。自分たちが積み上げてきたことを褒めたたえることに集中してください。

 アップルの共同創業者、スティーブ・ジョブズは自らのヒラメキに取り組む勇気と閃きが達成したときのシーンを鮮明にイメージ化出来る力(想像力)、そしてその実現のために必要なビジョン(目標)をはっきりと描き、自分たちの頭脳に点在する知識と経験を結び付ける力即ち創造力を十分に発揮することで目的(志・夢)は実現できると強調しました。
 日本では、「目的の達成は如何に取り組むかのヴィジョン(目標)・計画(想像力)が固まれば80%は達成できたと同じである。日々、心、技、体(創造力)を鍛え続けて自分たちの目指す道を切り拓くことによって目的(志・夢)は実現できる」と強調します。
 私は趣味のゴルフで度重なる優勝経験から集中力の大切さを学び、併せて大学の学生控室の壁面に飾られている孔子の論語の言葉から学ぶこと(知識)と行動すること(経験)をバランス良く活用すること(想像力・創造力)の大切さを学びました。
 皆さんが今回の大会で納得のいく結果を出すためには、他人(校)を真似し、他人(校)から技術を盗んで、その上に自分たち固有の努力を展開し、自分たちのバスケを完成させなくてはなりません。
 東京都325校の上位10%入りを目前にしている実力校にふさわしい戦いを忘れないで下さい。厳しい戦いに耐えながらもう一歩高いところに踏み込んで自分達らしい部活動を実現しようではありませんか皆さんには間違いなくその実力が身についています。まず自らを信じる事です。
 つまり東京代表という目的を実現するためには、心・技・体を鍛えること、想像力、創造力、集中力を存分に発揮すること、「運」に恵まれること等が大切なのです。今の母校バスケ部にとって最も大切なのはimaginaition(想像力・創造力)に裏付けられた集中力だと思います。これは心を一つにして「培ってきた力の全てを出し切ること」に集中しようということです。
 皆さんは5回戦に進出し、八王子学園八王子と闘う試合会場に立っている自分たちの姿を鮮明に想像出来ますか。培ってきた知識と経験を必要に応じて結び付ける力即ち創造力を存分に発揮出来るという確信を持っていますか。勝敗にこだわることなく、バスケを楽しむことに集中出来る心境に到達できていますか。これらの気持ち、心掛け、集中力が出来上がっていれば必ず結果は生まれて来ます。
 大会初戦の昭和第一学園高校学校との試合から全ての試合において、自分たちが気付き、築き上げてきた法政高校バスケを信じて、心を一つにして集中して下さい。この大会の結果によって年末にTV放映されるウインターカップ出場権がかかっていることも忘れないで下さい。
 要は、この大会に取り組む自分たちは既に納得できるチーム創りを完了しておりバスケを楽しむことに心の全てが集中していると胸を張ることです。1%の迷いもなく自分たちが作り上げてきた今の法政高校バスケに自信を持ち力の全てを出し切って結果を待ちましょう。幸運の女神の訪れを祈っています。
 追記

 母校バスケットボール部員の今の皆様へ贈る格好の言葉はこれです。

Stay Hungry,stay Foolish
(ハングリーであれ、バカであれ)

 スタンフォード大学の卒業式で、The Greatest Creative Directorである S・ジョブズが卒業生に贈った歴史に残る名演説の締めくくりに引用した言葉です。

バスケ部OB会 会長 赤沼啓二郎

コメント (0)

後輩の皆さんが頑張りました。
結果は次の通りです。

1回戦 対駒場学園   ○90対61
2回戦 対中央大髙校  ○53対44
3回戦 対都若葉総合  ○87対75
4回戦 対都駒場高校  ●64対85

 いずれの試合も精一杯の力を出し切った良い試合でした。チームワークも十分で完成度の高い実力を持っています。松下電器(現パナソニック)の松下幸之助氏は「事の成否は90%が運で、それだけに残された10%の努力が大切だ」と話されていますが、4回戦の結果は相手校のホームコートでの試合即ち運が勝敗に大きく関係したと思います。

 母校の試合の後で和光高校破った都城東高校は、4回戦で初登場して来たシード校で実力の高い強豪校すが、2時間の休憩時間を終えて都駒場と戦い、同様に負けています。
 もちろんと駒場高校もバランスの取れた好チームですが、母校、都城東、そして都駒場の3校の実力は拮抗していました。3ポイントシュートの成功率等で都駒場は間違いなく優位に立っていて、運に恵まれなかったアウエイ2校が敗退したと私は確信しています。

 このようにいろいろな要素が影響するトーナメントでは、実力の差が明らかである相手校には勝利を収めることが出来ますが、実力の拮抗している相手校との戦いは要注意です。運を除けば、普段培った実力を出し切ったチームが勝ち上がることになるでしょう。従って実力を出し切る事への集中度こそが鍵になると思いますが集中度の強弱は目標の高さに比例します。現役の皆さん、どうかウインターカップの出場を目指して練習を積み上げ、インターハイ予選でリベンジを果たして下さい。

 スタンフォード大学の卒業式でスティーブ・ジョブズが述べた祝辞が視聴回数300万回近くに達しているそうですが、最後のしめくくりに引用した言葉「Stay Hungry, stay Foolish」(ハングリーであれ、バカであれ)を参考にして下さい。とにもかくにも集中することです。

 かって打撃の神様と言われた読売ジャイアンツの川上哲治選手は飛び込んでくるボールの(ピッチャー側ボール1つ先)をめがけてバットを振り抜くことでジャストミートを心掛けたそうです。その結果としてボールが止まって見えたとまで言い切っています。野球だけでなくあらゆる世界で半歩先を目指すことが推奨されています。私の想い出ですが、インドのネール首相が来日し早稲田大学の大熊講堂で講演した時、理想主義者はあまり先を見すぎて足元が危ういと話していました。半歩か1歩位先に留めておいたおいた方がやはり良いのかなと思ったことがあります。

 現役の皆さんにとっての半歩先は4回戦を突破し5回戦に挑戦するということでしょうか。私は皆さんの半歩先は、上述の引用句を演じてウインターカップを目指すことであると感じています。
 どうかピタコラスの言葉「万事に先立って、汝自身を尊敬せよ」に従って目標を高く掲げ、その実現に挑戦し、大いに青春を楽しんで頂きたいと願っています。
 心を一つにして培った力の全てを出し切ることに集中している皆さんには、必ず結果が付いて来ます。新しい境地を切拓きバスケットボール部の伝統に一石を投じて下さることを心から祈っています。

コメント (0)

秋季・新人戦観戦記

バスケットボール部OB会
赤沼啓二郎

 東京都第2支部でベスト8以上を目指した新人戦(4つの支部による予選会で各支部のベスト8が本大会
へ進出)が終わりました。新人戦は2回戦からの出場となり、初戦の相手は佼成学園でした。相手校のキ
ャプテンは東京都の選抜選手経験者であり、かなりの強豪校でした。第1クォーターで6点差をつけられ
て出鼻をくじかれましたが、以降の3つのクォーターではすべて相手校を上回り、結局83対73で退けま
した。続く3回戦の相手は都若葉総合高校でしたが106対82と完勝しました。4回戦の相手は和光高校で
ここに勝てば第2支部のベスト8となり、2018年1月6日から始まる新人戦本大会への出場が決まることに
なっていました。第1クォーターでは17対16と1点差をつけて順調なスタートを切りましたが、第2クォ
ーターでは13対27と逆転され、トータルで13点の差をつけられました。第3・第4クォーターで反撃し、
一時は同点にまで追いつきましたが、残念ながら67対68の1点差で惜敗しました。

武蔵野カップ(優勝)から起算して7戦目での敗退です。現役選手の皆さんはきっと悔しさに涙を流さ
れたことでしょう。しかし桑田佳祐の「TSUNAMI」でも歌われているように、涙を流さずには大人に
なれないという言葉は本当だと思います。またバスケットの神様と呼ばれたマイケル・ジョーダンが
7年かけてカブスが全米一に輝いたとき、手中のボールに涙を落しているのをみたNBAの2メートルを超
える大男が「男でも泣いていいんだと思った」と語った逸話を思い出します。
悔しくて自分を責めても何も得られません。勝つことによってだけ学べるのではなく、負けて学べる
ことが沢山あります。現役選手の皆さんに是非この敗戦で味わった屈辱をしっかりと受け止めて、春
の関東大会を目指してほしいと願っています。大切なのは勝ち負けではなく、その経験を通して、そ
こから何かを学び、より大きな結果を出すことです。青春真っ只中の後輩の皆さんが、この敗戦を通
して自らを大きく変えることに成功し、一回り大きな人間になる為の「千載一遇」のチャンスに巡り
合えたのだと受け止めてくれるよう祈っています。

尚、和光高校は1月6日(土)に行われた新人戦本大会1回戦で都立小山台高校と対戦し、64対68で惜
敗しました。
そしてすべての試合終了の結果、4支部それぞれの優勝校は八王子学園八王子、足立学園、日本学園、
成立学園の4校に決定しました。

コメント (0)

コメント (0)

武蔵野カップ観戦記
赤沼啓二郎

4・5年生の新チームが初陣・武蔵野カップで優勝しました。おめでとうございます。

結果は次の通りです。
3校によるリーグ戦の結果です。
  法政高校  86 対 58 武蔵高校
  法政高校  85 対 46 明大明治高校 2勝して準決勝進出
準決勝戦  法政高校  95 対 52 田無高校
決勝戦 法政高校 110 対 79 三鷹中等教育学校

戦うたびに得点を増やし完勝でした。決勝戦ではスタートで5対0とアヘッド
されましたが落ち着いて自らのペースを守り、三鷹中等高等学校の気合の入
ったプレイをしっかりと受け止め、逆転してからは終始、試合の指導権を握
って、着実に得点を重ね、4試合中の最高得点を上げました。

同窓会の岩村会長、プラタナス会の前田元会長、高津・小野両顧問、に最後
まで応援頂きましたが、期待に十分こたえた見事な戦い振りでした。
いよいよ秋季新人背が10月29日(日)にスタート!悔いを残すことが無いよ
うに全力を出し切って、初戦の対佼成学園を倒して下さい。
観戦記の詳細は、既に投稿済みの「OB会総会を終えて」、「新人戦を迎えて」
等を「赤啓のブログ(交友会)」に書きました。これからも書き続けて参りま
すのでブログに参加登録してお読みください。
ブログのURLはhttp://akakei.blog.jp/にてご照会下さい。

コメント (0)

5月21日〈日)、場所は東村山高校、対戦相手は東京朝鮮高校。試合が始まる前から騒然とした雰囲気に包まれていました。2回戦の試合とは思えない緊張感が漂っていたのです。 
 春季・関東大会予選で5回戦まで勝ち上がった東京朝鮮高校との試合のせいでしょう。 
 待合場所で岩村同窓会長と私に席を譲ってくれた朝鮮高校の保護者会の皆さんに、先週の勝利の祝意をお伝えし、今日はお互いに精一杯の応援をしましょうと挨拶しました。
 母校の応援団は4人の顧問・コーチを筆頭に現役の保護者会の皆さん、昨年度のメンバーと保護者会の皆さん、その他、級友の皆さんが、競技会場前の待合コーナーに集まって熱気に満ちた雰囲気でした。
 ようやく入場し席に付きましたが、試合開始直前の雰囲気も緊張感が張り詰めて、騒めきも消えて静かでした。このような雰囲気を創り上げたのは両チームのサポーターと選手たちでしょう。昨年度の皆さんが、4回戦を始める前に垣間見せてくれた、緊張感あふれる「試合のスタート風景」だったのです。
 試合は予想通りの激しい戦いとなリ最後まで死闘と言える様相を呈しました。5年生(高校2年生)が主力の我が母校でしたが、大場キャプテンが先頭に立ち、5年生はあたかも6年生のような貫録を示し、落ち着き払って、それぞれが自分の仕事をやり遂げていたのが印象的でした。特に得点板の写真にありますが、そこから残り1分50秒の間に相手校には1シュートを許しながらも、4つのシュートで8得点をあげた最終盤の粘りには驚かされました。
 91対102の敗戦結果を聞いたOBが「ノウガードの殴り合いみたいなスコアーですね」、「来年度が期待できますね」と早速第一報を寄せて来ましたが、40分の間、両チームの選手達は休むことを忘れたかのように走り廻ってボールを運んでいました。1回戦シード、2回戦の初戦敗退となりましたが、試合の内容は見事でした。
 第2コーターで肩を並べそうになった時、隣席で観戦されていたい岩村同窓会会長がぽつりと一言「勝てるのではないかな」と感心していました。力及ばず敗退となりましたが、爽やかな顔つきで先輩OBと試合終了後の記念撮影に、思い思いのガッツポーズを演出する姿を見て、その逞しい精神面での成長ぶりに心を揺さぶられました。
 この3月に「一心全力」の横断幕をOB会から寄贈しましたが、「心を一つにして培った力の全てを出し切ってくれた」現役の皆さんを誇りに思います。そして後輩の大切な一戦に駆けつけてきてくれた昨年の卒業生達を見て、これこそがOB会の真髄と感じました。その先輩たちに現役の皆さんは立派な成長ぶりを披露しました。このような世代をつないで頑張る姿を見て、母校バスケットボール部の伝統づくりが静かに、着実に、進められていると感じました。
 また新しい1年が始まります。きっと現役の皆さんは頑張ってくれるでしょう。毎年増加の一途を遂げている卒業生(OB)の気持ちがこのように、示されてゆけば、やがて大きな果実が生まれるでしょう。どうかOBの皆さん、今年もOB会総会や交流戦にご出席いただき、若手OBや現役選手の成長振りに接する機会を持ってください。そして益々充実した応援体制を創り上げて行きましょう。OB一人一人の気持ちこそが母校バスケットボール部の将来を決めると確信します。OB会復活8年目を迎えた今年の総会で交流試合を楽しみながら新しいOB会の姿をご一緒に模索しましょう。

この観戦記を同窓会のホームページ「部活情報」欄に投稿して下さい。動画の配信はやはり再検討を要するようですので「中止」にしましょう
 尚、小山、小池両グループにもこの観戦記を配信頂きたくお願い申し上げます。そして在学OBの皆さんに、予告して来たボアソナードタワー25Fでの昼食会は中止する旨お伝え下さい。
 間もなく午後10時半になりますが、田中副会長、田辺事務局長のお二人に留守電でお伝は下さるようお願いしていますが明日になると思います。もし11時からの校友談話室の役員会が成立したときには「今年の総会に参加する予定の在学OBに
   1・受付業務の手伝い
   2・懇親昼食会に於いての配膳作業の手伝い
   3・交流試合の運営手伝い
   4・募金活動の手伝い
   5・冷たい飲料水の手伝い
に協力いただきたい旨を連絡し、手伝い可能な在学OBに校友談話室にかをを出してほしい旨、連絡しましょう。林君は土曜日は登校日でないため集積が難しいとの連絡を受けていますがほかの在学OBにOB会執行部としてお願いを、この際はっきりとお伝へしておいたほうが良いと思います。
バスケットボール部OB会     会長 赤沼啓二郎

コメント (0)

法政大学高等学校ブラスバンドOB・OG会
「第10回同窓会」開催
 
法政大学高等学校ブラスバンドOB・OG会(以下、OB・OG会という)は、「OB・OG会員相互の親睦を図ること」「法政大学中学高等学校ブラスバンド会の発展に寄与すること」を目的として活動しております。具体的には、現役ブラスバンド会部員の演奏技術面でのサポート、吹奏楽コンクールや各種演奏会でのお手伝いや取材、年1回開催される定期演奏会での現役生との合同バンド、同窓会や小旅行など会員同士の交流や相互理解を深める行事を行っております。
その中でも、「OB・OG会同窓会」は毎年恒例の行事になっています。10回目を迎えた今年度の同窓会は、「様々なOB・OG会員が多く集まり、交流が生まれる機会づくり」という目標を掲げ、大学生を中心に企画・運営を行い、法政大学市ヶ谷キャンパスボアソナードタワー25階「スタッフクラブ」にて開催しました。
 準備や企画検討では、大学生幹事を中心に打ち合わせを重ねながらも、社会人OB・OG会員とも意見を交換し、大学生・社会人の垣根を超えて協働し、1つの行事を創り上げました。これは、卒業後も会員同士の交流が深いブラスバンドOB・OG会ならではの光景です。
 同窓会当日は、1958年度卒業の大先輩から2015年度卒業の大学生1年生まで、幅広い年代の会員40名が参加しました。またゲストとして、法政大学高等学校同窓会より広報副委員長猪瀬昌哉様、副会長萩原光博様にご参加いただきました。参加者の中には、久しぶりにOB・OG会活動に参加した会員もおり、同期・先輩・後輩との久しぶりの再会を喜ぶ様子が印象的でした。
会場では、過去に開催した定期演奏会の音源が流れ、現役時代の様々な思い出話で盛り上がりました。定期演奏会でのOB・OG合同バンドなど、世代を超えてのOB・OG会活動を通して知り合った会員同士での交流も多く生まれており、深い絆を感じました。
法政大学高等学校ブラスバンド会は、2017年度に創立60周年を迎え、2017年3月25日には50回目の定期演奏会が開催されます。大きな節目となる2017年に向けて、例年以上にレベルアップした現役生との合同ステージの企画や各種記念事業の検討を進めております。今後も、現役ブラスバンド会の発展に寄与することと会員同士の親睦を深めることを目的に活動を進めて参ります。

法政大学高等学校ブラスバンドOB・OG会
副会長 橋本 強史(2012年度卒)

コメント (0)

10月23日(日)、9:00から、都立片倉高校にて平成28年新人戦がありました。
対戦高校の八王子実践高校に対し、
59対73 で残念ながら敗退しました。

 2年生主体の対戦高校に対し、1(4)年生主体の我が校は、8月末の武蔵野カップ
3位の実力を発揮。
第4クォーターまで離されず付いていくも、最後は力及ばずの敗戦となりました。

 当日は、OB会から赤沼会長、田中副会長、同窓会からは岩村会長斎藤副会長、佐藤
元副会長が応援観戦。父兄の方々と共に最前列に陣取って応援しましたが、力及びま
せんでした。

 8月末の武蔵野カップの応援に引き続いて、今大会への応援、ありがとうございま
した。1(4)年生主体の我が校のチームには、この大会での経験を生かし、来年の春
の大会では、いっそうの躍進を期待したいと思います。

コメント (0)

1 2 3 4 5 6 7
PAGETOP